看護師の平均年収は?

全国において、看護師の年収は平均して437万円くらいです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
看護師転職情報サイトにのっている看護のお仕事は、医療機関の求人の件数も豊富なのですが、そればかりではなく一般には公開されていない求人の情報がいっぱいあり、登録していると思いもよらない好条件の転職先を紹介していただけるかもしれません。
担当コンサルタントによる丁寧な対応ぶりも特徴のひとつとしてあげられているそうで、できる限り細かな要求にも応じていただけるようです。
看護師は、寝返りを打つのも難しいような患者の体の位置を変えることや、食事できない患者の介助、下のお世話といった体力仕事も非常に多いです。
しかも、その間であってもナースコールが鳴れば、速やかに応対しなければなりません。
入院患者が少しでも素晴らしい入院生活が送れるように考えてあげることもまた看護師の仕事です。
とても仲の良い看護師が、ラクそうな職場だったのに、なぜ?とそのわけを問うと、「仕事が暇だった。
より一層バリバリ仕事をしたい」とのことだったのです。
できるだけ楽な仕事が良いと思う人が多い中で、彼女みたいな人もいるものなんですね。
看護をする人の転職を成功させるには、未来のことを考えて出来るだけ早く動くことが大切です。
また、何に重きをおくのかを決断しておいた方がいいでしょう。
将来像を明確にして、そのビションに合致した転職先のインフォメーションを少しずつ収集してください。
年収、職場環境、勤務形態など、個人的に譲れない条件もあれこれ思い馳せておきましょう。