ロゼッタストーンで英語力をつけたら、薬剤師の転職も有利になる?

薬剤師の方で英語が得意という方は外資系の医薬メーカーへ転職してみてはどうでしょうか。
英語が話せるという事は外資系の企業では必須となっていますので、英語が得意というのはこれからの国際的に活躍をしたいと願っている方にとっては必要不可欠な武器になるのです。
また、外資系の医薬メーカーは高収入も期待出来ますし、何より様々な国の方達と問題なくコミュニケーションを取る事が出来ますので、本人同士はもちろんの事他のちょっと英語が苦手な上司や同僚にも頼れる存在になること間違いなしです。
また、外資系の企業の方が多く住む地域の調剤薬局でも英語が話せる薬剤師がいれば利用者にとってはとても助かりますので、そのような場所への転職も考えてみてはどうでしょうか。